TOPクラブ概要

クラブ概要Outline

ロータリークラブとはWhat is Rotary club

ロータリークラブは世界最大の民間社会奉仕団体「国際ロータリー」に所属するクラブ組織で、
世界200以上の国と地域に約3万5千のクラブがあり、全世界で120万人以上のロータリアンが活動しています。
このうち日本には約2300のクラブに約9万人が所属し、国内外で献身的な活動を行っています。
それぞれのクラブは自治権を持ち、独自のクラブ運営をし、独自の社会奉仕活動を企画、実行しています。
ロータリークラブの会員(ロータリアン)は、自らの職業と才能を通して他の会員と協力して社会に奉仕し、
国内や世界各地のロータリアン、他団体の人々と交流し、親睦を深め、共同奉仕プロジェクトを実施しています。
ロータリー活動の理念は「超我の奉仕(奉仕第一、自己第二)」に集約されます。世界中全てのロータリークラブ及びロータリアンはこの理念で結ばれています。

大阪心斎橋ロータリークラブ概要Rotary club’s Outline

創立 1970/11/10(日本で1039番目のロータリークラブ)
会員数 41 名(2022/7/1 現在)
例会 例会日:毎週金曜日 12:30 ~ 13:30
例会場: ホテル日航大阪 32 階
TEL:(06)6244-1111(代表)
ビジターフィー: 5,000 円(軽食日は3,800円)
事務局 〒542-0086
大阪市中央区西心斎橋1-7-3 大丸北炭屋町ビル3階
TEL:(06)6245-4950 FAX:(06)-6244-0932
Maill:s-rotary@galaxy.ocn.ne.jp

2022-2023年度クラブ活動方針

ロータリアンとして下記のロータリーの目的、標語等を常に意識し何事も出来ない理由を述べるのではなく、出来ることを考えてクラブ及び社会人としての奉仕の機会を積極的に実行するとともにクラブ基盤でもある会員増強を目指します。

<ロータリーの目的>

ロータリーの目的は、意義ある事業を基礎として奉仕の理念を奨励し、これを育むことにある。具体的には、次の項目を奨励することにある。

  1. 第一知り合いを広めることによって奉仕の機会とすること
  2. 第二職業上の高い倫理基準を保ち、役立つ仕事はすべて価値のあるものと認識し、社会に奉仕する機会としてロータリアン各自の職業を高潔なものにすること
  3. 第三ロータリアン一人一人が、個人として、また事業および社会生活において、日々、奉仕の理念を実践すること
<ロータリーの標語>
  1. 第一標語超我の奉仕(Service above self)
  2. 第二標語もっともよく奉仕する者、最も多く報いられる
    (He profits most who serves best)
<ロータリー財団標語>

世界で良いことをしよう(Doing good in the world)

<4つのテスト>

言行はこれに照らしてから

  • ・真実かどうか
  • ・みんなに公平か
  • ・好意と友情を深めるか
  • ・みんなのためになるかどうか

2022‐2023年 会長森田 邦治

(1)国際ロータリー(RI)の活動方針

2022~2023年度のRI会長はカナダ・ウインザー・ローズランドRCのジェニファーE.ジョーンズ氏です。
ジョーンズ氏が掲げられた2022-2023年度のRIテーマは、「IMAGIN ROTARY(イマジン・ロータリー)」“人の力とつながり”で強調事項は次の四項目です。

  • ◆「心地よさ」と「会員への配慮」
  • ◆DEIコミットメントの推進(女性会員基盤の強化)
  • ◆革新的クラブまたは活動分野に基づくクラブを設立する
  • ◆女児のエンパワメント

ジョーンズ氏は、大きな夢を抱き、行動を起こすことをロータリーの会員に求めています。
「私たちはみんな、夢があります。しかし、その実現のための行動をするかを決めるのは私たちです。イマジン(想像)してください、私たちがベストを尽くせる世界を。私たちは毎朝目覚めるとき、その世界に変化をもたらせると知っています」と述べられています。

(2)2660地区の2022-2023年度活動方針

今年度のガバナーは茨木西RCの宮里唯子氏です。
地区テーマは、「大阪のロータリー100周年を祝おう!」です。

地区ビジョンは、
私たちロータリアンとローターアクターは、

  • ◆持続可能な良い変化を生むために、多様性を重んじ、あらゆる側面で公平さを促進し、異なる考えや価値観をもつ人々による貢献を大切にし、DEI「多様性・公平さ・インクルージョン」を実現します。
  • ◆RIテーマを理解し、地域の特性にあった活動を通じて、それぞれが「魅力ある・元気ある・個性ある」クラブになる事を目指します。
  • ◆ロータリーの原点である親睦と奉仕を根幹とし、世界および地域社会で良い変化を生み出します。
  • ◆世界の未来を担う青少年の活動を支援し、若きリーダーの育成に努めます。

2022~23年度 地区年次目標;2021~22年度の地区中期目標を継承

  1. 1. より大きなインパクトをもたらす
    • ▷ポリオデー(10月24日)にポリオ根絶にちなんだ活動をRAC、IAC、ロータリーファミリーと協働し、発信します。
    • ▷財団補助金(地区補助金・グローバル補助金)活動を実施し、発信します。
    • ▷ロータリアンは財団寄付目標(年次基金寄付150ドル、ポリオプラス基金寄付50ドル、恒久基金寄付30ドル)を達成します。
    • ▷ローターアクトクラブは少なくとも5名の会員により合計$50の財団寄付を達成します。
  2. 2. 参加者の基盤を広げる
    • ▷ローターアクター、インターアクター、ロータリーファミリーと協働して奉仕活動を実施します。
    • ▷ロータリーのブランドを正しく使います。
    • ▷革新的なクラブ、活動分野に基づくクラブ(衛星クラブ)の設立をめざします。
  3. 3. 参加者の積極的なかかわりを促す
    • ▷大阪のロータリー100周年を祝います。
    • ▷クラブのビジョンや中期計画を作ります、あるいは必要に応じて見直します。
    • ▷例会、フォーラム、研修、IMロータリーデー、新会員研修交流会、その他行事をさらに魅力的な学びの機会とし、参加者基盤を広げ増強します。
    • ▷クラブや個人のロータリーの賞の受賞を目指します。
    • ▷米山記念奨学会を支援します。
  4. 4. 適応力を高める
    • ▷テクノロジーを利用して例会を実施し、交流や親睦を深め、奉仕活動を実行します。
    • ▷会員全員がMy Rotaryに登録することを目ざします。
    • ▷ラーニングセンターを活用します。
(3)2022-2023年度 大阪心斎橋ロータリークラブ会長方針

テーマは、「Think Different」“ものの見方を変えよう”です。
その他の意味として、“発想を変える”、“固定概念を無くす”です。
それぞれの委員会活動方針(ビジョン)を尊重しつつ、当クラブの良き伝統を継承し意味ある奉仕活動(コロロ渦で滞っていたフィリピンとタイでの現地交流、青色防犯パトロールの新たな取り組み等)を持続できるように何事にも「誠意」をもって目標・目的を達成できるクラブ運営を目指します。

MENU