TOPクラブ概要

クラブ概要Outline

ロータリークラブとはWhat is Rotary club

ロータリークラブは世界最大の民間社会奉仕団体「国際ロータリー」に所属するクラブ組織で、
世界200以上の国と地域に約3万5千のクラブがあり、全世界で120万人以上のロータリアンが活動しています。
このうち日本には約2300のクラブに約9万人が所属し、国内外で献身的な活動を行っています。
それぞれのクラブは自治権を持ち、独自のクラブ運営をし、独自の社会奉仕活動を企画、実行しています。
ロータリークラブの会員(ロータリアン)は、自らの職業と才能を通して他の会員と協力して社会に奉仕し、
国内や世界各地のロータリアン、他団体の人々と交流し、親睦を深め、共同奉仕プロジェクトを実施しています。
ロータリー活動の理念は「超我の奉仕(奉仕第一、自己第二)」に集約されます。世界中全てのロータリークラブ及びロータリアンはこの理念で結ばれています。

大阪心斎橋ロータリークラブ概要Rotary club’s Outline

創立 1970/11/10(日本で1039番目のロータリークラブ)
会員数 39 名(2018/7/1 現在)
例会 例会日:毎週金曜日 12:30 ~ 13:30
例会場: ホテル日航大阪 32 階
TEL:(06)6244-1111(代表)
ビジターフィー: 4,800 円(軽食日は3,800円)
事務局 〒542-0086
大阪市中央区西心斎橋1-7-3 大丸北炭屋町ビル3階
TEL:(06)6245-4950 FAX:(06)-6244-0932
Maill:s-rotary@galaxy.ocn.ne.jp

2020-2021年度クラブ活動方針

大阪心斎橋RCは今年度に創立50周年を迎えます。この重要な年度の会長を務めるにあたり、
今日50年まで50年の大阪心斎橋RCの精神を尊び、次の50年に向けての第1ステップを確実なものとする、
これが私の使命と認識し皆様のご協力のもと、できる限りの力を尽くしたいと思っています。

2020‐2021年 会長古山 昭

(1) 国際ロータリー(RI)の活動方針

2020〜21年度のRI会長はドイツ・ラッツエブルグRCのホルガー・クラーク氏です。
私たちロータリアンのあらゆる活動が、どこかで、誰かのために機会の扉を開いています。
ということで本年度のRIのテーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。
また全てのロータリークラブで少なくとも年に1度、戦略立案会議を開いてほしい、各クラブが、5年後にどのようなクラブになりたいかを自問し、クラブが会員にもたらす価値がどのようなものかを認識してほしい。
さらにクラブにもっと多くの女性が必要とも説いております。

(2) 2660地区の2020-21活動方針

今年度のガバナーは茨木RCの簡仁一さんです。
地区ビジョンが改定されましたので改めて記載します。
◆私たちはRIテーマを理解し、地域の特性にあった活動をすることにより具現化します。
◆ロータリーの原点である親睦と職業奉仕を根幹とし、世界及び地域社会で良い変化を生み出します。
◆世界の未来を担う青少年の活動を支援し、若きリーダーの育成に努めます。
◆それぞれが「魅力ある・元気ある・個性ある」クラブになる事を目指します。
地区中期5ケ年目標(2017・18〜2021・22年度)
⒈クラブのサポートと強化
▷各クラブが将来のビジョンをもつように推奨します。
▷クラブ会員基盤を強化します。
▷会員規模については毎年度少なくとも各クラブでの純増1名を目指します。
⒉人道的奉仕の重点化と増加
▷ニーズを把握し人々と共に手をつなぎ、成果の持続可能な奉仕を強化。
▷財団補助金の一層の利用促進を目指します。
▷ロータリー財団及び米山奨学会への寄付を推進します。
⒊公共イメージと認知度の向上
▷ロータリーの奉仕活動によって感動と誇りを得、その魅力を周りの人々に伝えます。
▷地域社会に開かれたロータリーかつどうを実践し、公共イメージ向上を推進します。
▷IT化の推進をはかり、マイロータリー登録率80%、クラブセントラル活用率90%を目指します。

(3) 2020-2021年度 大阪心斎橋ロータリークラブ会長方針

大阪心斎橋RCの良き伝統を継続しつつ、社会の厳しい環境を乗り越えて新たなロータリーライフを築き上げ、
次にバトンタッチする年度としたい。
変えてはならない事(凛とした雰囲気のなかでの活動と親睦)、変えなければならない事(世の中が大きく変わる可能性の高いこの時をキッカケに、大阪心斎橋RCもニューフェーズに)をしっかりと意識します。
特に50年目にして初めての女性会員を迎え、さらに会員増を図り50周年在籍50名を目指しながら新たな活動と親睦を期待し、実践致したく思います。
またその活動と親睦のレベルを上げるために、新たな便利で使いやすいツールも装備したいと考えます。
そしてこれからの50年に向け戦略立案委員会を開催し、当面5年後を目指したクラブビジョンを作るための礎を築くことも取り組みます。
テーマは「これまでの50年、これからの50年を今!」

MENU